- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト熊本

マツダ CX-60 新車(2022年)

熊本市よりお越しのお客様
  • 全体
  • ボンネット
  • ヘッドライト
  • 正面
  • 正面下
  • テール
  • エンブレム
  • ミラー
  • テールランプ
  • ピラー
  • 全体2
  • サイド

マツダ CX-60 の施工事例をご紹介いたします
施工内容は以下の通りです。

・リボルトボディーコーティング
・窓ガラス撥水加工(全面)
・ホイールコーティング(リボルトプロ)


今回ご入庫いただいたマツダ CX-60 はお電話にてお問い合わせいただきご用命いただきました。
オーナー様の生活環境に合ったお勧めコースの提案やご相談、半導体不足の影響でなかなか納期が定まらない中での施工日の調整など、ご入庫の前からマメにお電話で連絡を取らせていただいていたため、ご入庫から施工までのご案内が非常にスムーズに行うことができ大変感謝しております。
当店初となる新型CX-60のコーティング施工は熊本でもまだ登録台数がほとんどないようで、もしかすると専門店のコーティング施工は熊本一番乗りかもしれません。

【マシーングレープレミアムメタリック】

マツダの『匠塗』と呼ばれる特殊な塗装方法で塗られたこの質感は
“機械が放つ精緻な美しさの追求”をテーマに、コントラストの力強さと表情の緻密さを高次元で両立が可能になったそうです。光が当たる面全体が強く輝き、そうでない部分は鉄独特の力強い黒色になるこのカラーは独特の存在感を生み出し当店の照明との相性が非常によく“ただそこにいるだけ”で画になる美しさ。

そんな匠塗の美しさをより最大限に引き出すため、精一杯施工させていただきます。

まず最初に窓ガラス撥水加工を行いました。

今回新車の施工となりますが、新車でもほぼ間違いなく油膜が付着しておりガラス上面の不純物をしっかり除去してから撥水コーティングを丁寧に塗り重ねます。
当店の撥水材はプロ仕様で一般的に出回っているシリコン系とは違いフッ素系で施工するため施工難易度が高い反面より長く撥水効果が楽しめます。

油膜

撥水加工中

撥水


窓ガラス撥水加工が完了しましたら次は細部洗浄を行います。

細部洗浄

新車は完璧とよく思われがちですが、納車してすぐでもシミができている場合が多々あり、コーティング施工前の下地処理はマストと言えます。
【テールランプ上部】
入庫してすぐにテールランプの左右には頑固な水シミが付着しておりましたがリボルトオリジナルのケミカル用品にて綺麗に除去ができました。

テール1

テール2


【フロントグリル】
形状が複雑なフロントグリルは汚れ・水が溜まりやすく蓄積の原因となります。
穴の一つ一つを丁寧に清掃し本来の輝きに戻します。

グリル

グリル2

【メッキ部分】
クロームメッキ部分全体に水シミが見られましたのでこちらも除去を行いました。

メッキ

メッキ2


細部洗浄が完了しましたらボディの下地処理を行います。

【クウォーターパネル】
製造からお客様へのお引渡しまで様々な人に触れられ、作業されるため新車に傷が入っているというのは意外なほどあるある話です。
今回も例外ではなくリボルト専用高輝度照明でじっくり確認しますと屋外では全く分からなかった傷がリアパネルに入っておりました。
幸い軽傷の傷であったため丁寧な下地処理にて除去が可能です。

クウォーター

クウォーター

リボルトグループでは一台一台の状態に合わせた適切なバフ、コンパウンド、ポリッシャーを選定し下地処理の作業を行います。また、磨く際も無闇に磨くことはせず塗装面の負担を最小限に留め最大限の艶を引き出すことを念頭に下地処理を行っているため新車時のオリジナルの塗装面を残しつつ艶やかな美しい本来のカラーを存分に引き出すことが出来ます。

下地処理が完了しましたら脱脂洗車後、ようやくコーティング施工を行います。

コーティング施工

今回ご用命頂いた「リボルトボディコーティング」は下地処理にて完璧に仕上げられたボディ塗装面にベースコートとトップコートの2層コーティングを行います。ベースコートとトップコートは塗装に固定密着させる効果と外部からの汚れの保護に効果を発揮し、従来のガラスコーティングに付きまとう雨シミ・ウォータースポットの問題を軽減する事が出来ます。更に施工後のお手入れも簡単に出来るためセオリー通りの洗車をしていただくことで施工直後の仕上がりの美しさを“楽に長期間維持できる”ということを可能にしたコーティングです。


ホイール

今回はボディのコーティング施工と同時にホイールコーティングもご用命いただきました。
リボルト熊本でのホイールコーティング施工は汚れやコーティングムラなど見落としがないよう、車両をリフトアップし作業者の目線の高さで作業を行うことでクオリティを更にアップさせることができます。
ボディコーティング・ホイールコーティング施工が終了したら車内清掃と最終確認を行いオーナー様へお引渡しとなります。
コーティング施工後のお車は、引き続きセオリー通りの洗車を心がけていただくことで施工直後の様な美しさを長期間維持できるかと思います。

お引渡しの際、
『ここまで感動したのは初めてです!たくさんコーティング業者がある中リボルト熊本にお任せして心から本当に良かった。メンテナンス等も間違いなくこちらにお世話になりますので今後ともよろしくお願いします。』
と嬉しいお言葉を頂きました。
お客様の笑顔・驚き・感動が私にとっての一番の励みです。
この綺麗な状態を一緒に維持していきましょう!
こちらこそこれからもリボルト熊本をよろしくお願いします。

全体

ボンネット

ヘッドライト


正面

正面下

テール

エンブレム

ミラー

テールランプ

ピラー

全体2

サイド


バイクコーティング・カーコーティングはリボルト熊本へ
細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

【リボルト熊本】

〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目11-179

TEL/FAX 096-273-9137

revolt@revolt-kumamoto.com

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

リボルト熊本 公式インスタグラムはこちら

リボルト熊本 公式Twitterはこちら

施工時期:
2022年11月
施工内容:
リボルト車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工